債務整理はまず任意整理

僕の場合は自己破産を選択するしかない状況だったのですが、債務整理というとまず「任意整理」が取り組みやすい債務整理の方法となっています。

ほとんどの人が任意整理をすると、借金返済が楽になる事が多いみたいですね。

この任意整理と言うのは、借金を再計算(利息制限法)をして、払いすぎている利息をまず差し引きます。そうするだけでも借金って減りますよね。

そこから完済するまでに決められている利息分を計算して、その利息を切ってもらうのです。

こうすると、毎月3万円返済していた借金が2万円になったりして、しかも利息が低くなっているので元々の借金額が減るのも早くなるっていう手続きです。

複数の借金がある人は全部任意整理をすると、全部で8万円の返済で毎月3万円しか借金が減っていない状態だとしても、それが5万円の返済で済んで、しかも毎月4万円ずつ借金が減っていく!とこんな事が出来るのが任意整理の良いところです。

普通の人が債務整理をする場合って、大体任意整理で済んでしまうことが多いようですね。

弁護士さんへの報酬もそこまで多くないので、任意整理をまず検討してみるのも良いかもしれません。

僕の場合はとても任意整理ではおっつかない状態でしたので、自己破産までやらざるおえませんでした。

今となってはもうどっちでも良いんですけどね。

任意整理と言うのは、複数ある借金のうち、全部やる必要はありません。1社だけでも良いんですよ。借金額が多く、長い間借りている借金だけ任意整理をする事も出来るのです。

でも任意整理をしても信用情報には条件変更の旨は記載されてしまいますけどね。まずは借金を無くす事に全力で取り組むのが普通の生活を手に入れる最善の手段だと僕は思っています。