自己破産で免責が出てからは?

僕は債務整理(自己破産)をしています。自己破産と聞くと、もう何も出来ないぐらいのイメージを持っている人も多いでしょうね。

ただ自己破産をした僕としては、あまり悪い事ってないんですよ。こんな事言ったら怒られてしまうかもしれませんけどね。

まず債務整理(自己破産)が終わった~って思った瞬間は、裁判所で免責がされた時です。これで長かった自己破産までのゴタゴタが片付いたのかーって思いました。

ここまで来る間には大変な事ばかりでした。

過去の通帳記帳の説明や、いつ組んだローンの理由とか勤務年数が間違っていた理由など、いろいろと聞かれて毎日が憂鬱で仕方なかったですね。

弁護士さんに作成してもらった書類も、高さにすると5cmぐらいにはなっていて、大変な自己破産の手続きだったんだな~って思いました。

裁判所を出て、弁護士さんにもお礼を言って、その時の弁護士さんの笑顔は忘れる事がないでしょう。

そして裁判所から車で家まで帰って妻にも報告をしました。
(車は古いものでしたので処分される事はありませんでした)

これからはどうなるんだろうね~なんていう話をしながら、1日のんびり過ごしたのを覚えています。

まず自己破産で免責が降りたら、一般的な生活に戻れます。

もちろん借金はすべて無くなっていますし、当然返済する事もありません。

誰かに知られることもなく、ただただ普通の生活が再開されるだけです。

これからは僕の債務整理後の生活や出来事について不定期ですが綴って行きたいと思います。

もし今、債務整理をしようか悩んでいる方や、僕の体験談なんかを知りたい方は訪問してくださいね。