自己破産で財産が取られる

僕のように自己破産をすると、借金は無くなるのですがその代償として財産が取られることになります。でもこの「財産」を少し勘違いしている人も多いので財産ってなに?ってところを教えますね。

まず20万円以下の価値のもの、これについては財産とは呼びません。だから簡単に言うと取られることはないのです。

車とか家とかが財産だって思っている人も多いと思いますけど、車なんかは結構財産として取られずに済む事が多いんですよ、実際は。

だって車って価値が少ないですからね。ベンツとか高級外車に乗っていたら別ですけど。

まー家については取られる可能性は非常に高くなりますね。20万円以下の価値って事はないので。マンションなんかでもそうです。

あと結構心配されているのが家財道具などです。昔は赤札といって、取られる物品に赤い札を貼られて持っていかれてしまう、っていう風に思っている人も結構います。

テレビとか冷蔵庫とか。

まず自己破産と言うのは、借金返済をチャラにしてもらって人生をやり直す為のチャンスをくれる制度です。

なので生活出来ない状態には絶対にしません。だから家財道具は一切そのままですよ。

自己破産をする時に一番考えないといけないのがこの財産がどのくらいあるか?なにがあるか?って事ですね。

家やマンションがある人は自己破産は出来る限りしない方向にしたいところです。住むところがなくなっちゃいますので。

こういう人には個人再生が勧められると思います。個人再生って言うのは、条件は厳しいですが家、マンションとか車なんかは取られずに債務整理できる方法です。

任意整理と自己破産の間っていうイメージですかね、自己破産よりですけど。実際は。

ただ個人再生って言うのは借金はチャラにはなりません。返済するっていう事を条件に緩和してもらう行為ですので、返済する力のない人には出来ない債務整理ですね。

債務整理って言ってもいろいろなやり方があるんですよ。だから法律の専門家に相談をしないと間違った方法を選んでしまうわけですね。

僕も自己破産をしたおかげ?でかなり詳しくなったものです。。